ブルース・ブラザーズ 鉛筆画スキャン画像

ブルース・ブラザーズスキャン画像

以上がスキャン像ですが、スキャナーの最大寸法を越えた絵なので入りきるのはここまで。何度かトライしたものの下半分がなぜか大幅に暗く影になった形でスキャンされてきてしまいまっています。これはまた後にマシンを調べてみないといけません。

この絵はまたファイナルタッチアップ終了後にアップとなります。描いた感想はとにかく黒黒黒、それがほとんど。それを如何に平坦にしないで描くかに集中せざるを得ない一枚でした。これはまだまだ課題として残りそうです。ファイナルでも忘れてはいけないポイントでしょう。



にほんブログ村 美術ブログ 鉛筆画へ

ザ・ブルース・ブラザーズ

デジカメ撮影。 実物はもう少しハッキリしているでしょうか。

絵のサイズは約23x34cm。鉛筆とシャープペンシルで描いています。

ここまでなんと三ヶ月以上掛かってしまっています。でも実働でいうと半分以下でしょうか。今回は趣味としての鉛筆画、ブルース・ブラザーズに捧ぐ一枚です。ここで七割程度で、あとは加筆可能なフィクサチフを吹きかけ寝かせた後ファイナルタッチアップ、そこで奥行きや3D効果の修正を行います。残念ながらこれは画像ではとても判りにくいでしょう。

ブルースブラザーズ**、ご存知の方も多いかと思います。私にとってはとても思い入れの大きいデュオ。まだティーンだった悩み多き頃に映画「ザ・ブルースブラザーズ」でのこの二人のパフォーマンスに心救われたものでした。テレビ放送されたものを録画してテープがマシンに食われてしまうまで家族の寝静まった毎夜観ていたのを今も覚えています。今回はその彼らのパフォーマンスの中から私の一番大好きな曲を一つアップ。ジョン・ベルーシ演じるジェイク・ブルースのあの歌声は今も耳に懐かしい思いがあります。

「She Caught the Katy」という曲で、もともとはタージマハールというアーティストのオリジナル曲ですが、純粋で微妙な男心を粋に歌うベルーシ氏の歌声がなんともいえない作品になっています。ベルーシ氏演じるジェイクの弟役(エルウッド・ブルース)を演じるダン・エイクロイド氏のハーモニカ演奏もとても際立っていて素晴らしいですね。ブルース・ブラザーズの映画が日本で上映され、テレビでオンエアされていた当時は私はこのエルウッドがとてもお気に入りだったのですが、といってもそれを演じたダン・エイクロイド氏が好きだったというわけではなかったのが不思議でした。

**ブルースブラザーズ: 1970年代後半から1980年代の始めまで活躍した、映画「ザ・ブルース・ブラザーズ」(1980年)でもお馴染みのブルースデュオ。米の深夜コメディー番組サタデーナイトライヴの当時のキャスト、ダン・アクロイドとジョン・ベルーシによる創作コンビだった。